It's a beautiful day

日々を美しく生きる

登場人物はいつだって退屈だ

登場人物はいつだって多い。二人か三人で進められるバラエティーというわけにはいかない
「夏」という季節も一人の登場人物ならなおさらだ。暑苦しい奴だが愛おしい。

雨の季節に、僕たちはいつのまにか夏を待ちわびている。今日の渋谷は曇り。
人が多いこの町では、青いユニフォームがそこらかしこに見え始めてきた。

ワールドカップ、か。