読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It's a beautiful day

日々を美しく生きる

台風とプリンと

そんなことを言うなよ。チャーリーぶしつけに言った。南からは台風が来ている。その台風にいらだちを隠せないようだった。冷蔵庫のプリン問題にくってかかる。俺は食べていない。同じセリフを二度言った。大事なことのようだ、というのは直感でわかる。ただ…

夏の終わりに

秋だ。僕たちは、いつの間にか夏を忘れてしまった。夏休みの友も、読書感想文も。大人になるとそんなもんらしい。チャーリーは、いつも舌を出して話してくる。今日は8月の32日なんだっけ。一年で、32日にある月は無いよ、チャーリー。予定調和のように…

思考の中の死闘、至当

夏になると言葉を紡ぎたくなるのは自然の摂理らしい。ハッピーデイ、カムヒア。夏の日にようこそ。青色じゃなくて、みどりのソーダ水も良いじゃないか。今日も、僕はリズミカルにキーボードたたき、オブジェクト指向と死闘する。だいたい、人間のあたまには…

僕の結露する思いなどは

今週も素敵に月曜日がやってきた。チャーリー、君より速く走るモノがいたよ。チーターと月曜日だ。時間の早さは、季節のうつろいも早くさせる。すでにルーティンと化していた、朝の窓ふきは、水気がまったくなくなった窓の前に失ってしまった。ルーティンを…

満員電車の中で僕らは生きる

8時ちょうどのあずさには乗らず、8時3分の埼京線に乗る。座るとかいう夢物語などは語らなくていい。私たちは、中世ヨーロッパに生きているわけではない。それでも、夢を語りたいときがある。電車で座りながら、コーヒーを飲み、小説を読みながら、会社に…

席替えはいつも初恋のように

ぽんぽん、肩を叩かれた。ついに来たか。本当に、肩を叩かれるものだと、驚いた。チャーリー、ここが限界のようだ。後はよろしく頼むよ。そう、僕は、春を前にして席替えとなった。右のひとつ隣に。解雇通告ではなかった。そんな甘い会社ではない。いずれに…

寒さ

絶対零度の世界などを体験したくはない。寒さは、全てを無力化とする。今朝の公園をみてみろ。色づいていた落ち葉たちが、白い化粧を強要されいていた。キレイ?そんな馬鹿な、この光景はどう見ても終末だ。寒さというのはそういうことだ、と、改めて感じさ…

夏の暑さは生きている証だ。

夏の暑さは生きている証だ。30度より下を忘れたかのようにうちのデジタル温度計は3の部分すが少し濃くなっている。液晶に焼きついたか。そんな時間も12月には忘れている。忘れることも生きている証だ。僕たちは生きている。

脈が薄いね

脈が薄いね、と彼女は言った。脈が遅いね、だったかもしれない。メガネをかけた女医だった。素敵な週末をまえに、素敵な申告をありがとう。徐脈というまでにはいかない。スポーツをしている人間にはよくある傾向だと、google先生は言う。タイミングが合わず…

ダイキンは29ドシー推奨

放置していた。毎日書こうと思っていたんだけど、僕の意志は過去形で書かれた挨拶のように形骸的だ。毎日暑い。クーラーを利かせすぎている会社の部屋では、人が毎日、熱射病でなく、クーラー病で倒れていく。また、一通、病院にいきますという勤怠メールが…

確率を、確立と書いてしまう午後

空梅雨ならそれも良いじゃない。と、君は言った。僕が、ダムの心配していることなんて、ただの杞憂と切り捨てた。いつだってそうだ。 女性にとって自分の感覚とは、理論や理屈よりも優先される。そして、そこそこ当たる。いつも僕は負け惜しみを言う。 「そ…

雨と博打と

忘れしまうのが本望であるはずもない。君も、僕も。忘れていたのだ、日本人が雨に弱いと言うことを。あの日の親善試合、対フランス戦。成すすべもなく日本代表は失点を重ねて。5−0で敗戦した。サンドニは、雨だった。 コンセプトは相手よりも動くこと、中…

俺たちのCSアンテナ

理解不能 その四文字が脳裏を走る。録画失敗だ、チャーリー。カーネーションの再放送の録画に失敗していた。花子とアンならリベンジ可能だが、再放送の再放送はない。もう俺に、カーネーションの52話は帰ってこない。 原因は、ウチの上の階の202が空き…

登場人物はいつだって退屈だ

登場人物はいつだって多い。二人か三人で進められるバラエティーというわけにはいかない 「夏」という季節も一人の登場人物ならなおさらだ。暑苦しい奴だが愛おしい。雨の季節に、僕たちはいつのまにか夏を待ちわびている。今日の渋谷は曇り。 人が多いこの…

singing in the rain

午後から雨が降るらしい。 曇りと見せながら油断させないのは空の常套手段。仲間とみせかけて最後は裏切る。 空を信じるな、死んだじっちゃんがよく言っていた。 今年は梅雨らしい、梅雨。日本で一番雨がふる町から東京にきた自分にとってはこれぐらい雨がふ…

空を敵を認識した日

どしゃぶり、は、既に雨を示しているのだから、どしゃぶりの雨という表現はおかしい。 なんて日本語を覚えたてのマイクが話してきた。 東京は、今日も雨だ。昨日も雨だった。つまりは、入梅ということだ。 ファイナルアンサー? 今年は早いなと思ったら、紛…

no summer no life

ナンセンスだよ。 チャーリーは言った。渋谷駅前にある246交差点の陸橋がよくわからない。 エスカレーターでもないのに人が待つ。都会にだって都合はある 登る人と、下る人。向き合う僕たちは、笑顔を交わすことなく、すれ違う。 決してもうない。二度目…

ももクロ日産2days

そうだ、夏だったのだ。思い出したのは夏だけではない。 ももいろクローバーZの日産スタジアムの会員先行が始まっていた。不意に思い出した。僕は、神経をむき出しにしてささらで撫ぜるように、このイベントへと向き合っている。 これで終わりだ、というつ…

思考の中の死闘、至当。

夏になると言葉を紡ぎたくなるのは自然の摂理らしい。ハッピーデイ、カムヒア。 夏の日にようこそ。 青色じゃなくて、みどりのソーダ水も良いじゃないか。今日も、僕はリズミカルにキーボードたたき、オブジェクト指向と死闘する。だいたい、人間のあたまに…

戯れるぼくたちは武藤さん(もとい)無糖炭酸水のようにいきる

暑い。6月はハッピーマンスリーにしたい。寝ていると死ぬほど汗をかいた。気持ちいいが汗くさい。 一週間ほど風邪をひいていた(2ヶ月ぶり今シーズン3度目)。職場では風邪がはやっていたので、その事実は内緒にしている。病原菌扱いされたくないため。暑…